• ホーム
  • 食事制限無しのダイエットは成功率が高い

食事制限無しのダイエットは成功率が高い

体重計に乗っている女性

最もポピュラーなダイエットといえば食事制限ですが、失敗率が高くてリバウンドしやすいデメリットもあります。
食事は人間の三大欲求の一つであり、我慢することは容易ではないのです。
美味しいものは総じてカロリーが高いため、カロリー制限をするためには好きな食べ物を減らす必要があるわけです。
このような食生活が何ヶ月も継続すれば、精神的にも相当に疲れてくるものです。
やがてダイエット疲れという状況に陥り、ストレスの反動から一気に暴飲暴食に走ることもあります。
無理をして痩せても、ストレスが溜まって元の体重に戻ってしまうなら、最初から何もしないほうがよかったはずです。
ダイエットは食事制限無しの方法のほうが成功率が高く、リバウンドしにくいのです。

食事制限無しの方法で痩せる場合は、脂肪・糖質の吸収を抑えること、代謝を促進すること、などがポイントとなります。
理想的なのは食べても太らない体質に変化させることなのです。
脂肪・糖質の吸収を抑えるサプリメントやお茶を利用し、さらに運動・入浴などで代謝を促進させていきます。
簡単に実践できる方法ほど苦痛がなく、無理なく継続して結果を出せるものです。
ハードなダイエットを3ヶ月続けるよりも、地道な方法を1年、2年と継続させるほうが身体にもいいのです。

食事制限無しのダイエットで注意したいのは、暴飲暴食をしてはいけないことです。
無理をしてカロリーを減らす必要はありませんが、過剰にカロリーを摂取するのはダメなのです。
適度な運動をして毎日の入浴で身体を温めて、早寝早起きして体調を整えているにも関わらず体重が増えていく場合は、食べすぎが原因であるケースがほとんどです。
食事制限無しと暴飲暴食は意味が違うのです。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ